隙を残して、出力しかけ
た部屋をぶち壊す。蛍光
灯のひとつになりすます
と、ぶつかりあう細胞の
ひとつひとつの僕という
人称から溢れさす から
だごと、身を投げていび
つな核のようにふたつは
いらないから いっしょ
くたになって洩れだす声
と排泄物 トイレの流れ
る音に、聴き入る朝に近
い夜 

果実は平坦な鼓動のやわ
らかい部分を書いては消
して円形の奥ばりのよう
にうっうって、のどから
つっかえながら搾取する
 傷ほどではないけれど
 あたまにくっきりと残
って、それが記憶にとっ
てなくてはならないもの
だから はっと する思
い出した頃にはミントに
よる冴え方を やわらげ
るようにまた、熟れきっ
た果実からかすめとった
ら、なんがつなんにちな
んようびの賞味期限なの
。あなたの寝言とは思え
ないはっきりとした話し
かたは種子を匂わせる。



まっくろな葡萄は夜に見
えなくなり、まっしろな
葡萄は発光体みたいに窓
から朝にかけて、熟れた
わりあいで搾取すれば。
と はんぶんにしたフォ
ークで貫通してもう 朝
だ!と 叫ばないように
。切断面を錯覚して、漏
洩する映画DVDの音声
みたいに 目の奥にめり
こむ、おんなのこの声が




ぶれた黒点は さまざ
まな赤を酸化して、到
達した季節ごとに 溺
れた。煮えたぎる陽光
、赤に塗れる。

目に見えないものばか
りが通りすぎる/とっ
くに200mlは飲み終え
ているのに、それがき
みたちの美学であるか
ら 容器を廃棄する。
飲み終えた後のせかい
にきみはいない。左胸
にあてた手が、なくし
た手袋みたいに道端に
落ちていて。さっきこ
どものまえで信号無視
をしたら とうめいな
車にひかれた。出血多
量は 死因にならない
けれど、きみがもてあ
ました 致死量の一部
になったのだから。目
を凝らして、錯覚でき
るのはどうして。

果汁0%


隙を残して、出力しかけた部屋をぶ
ち壊す。細胞のひとつひとつに、な
りすまして 身を投げた 核のよう
にふたつはいらないから。いっしょ
くたになる 流れだすトイレの音に
溺れる夜に近い朝。1.5は わたし
に紛れこんだだれかの 寝言だけれ
ど 黒い葡萄は夜に、見えなくなる
窓から 朝にかけて 熟れただけを
 採取すれば。と 切断面を錯覚し
て、漏洩する映画DVDの音声みた
いな 目の奥の騒々しさと たいり
つするおんなのこの音声、が聴こえ
る。 

「手首を遠くにやらないで。」
「じゃあ わからない つなぎめをどうするの。」

 きみと寝る右心室
丸めこまれたA4用紙 ひとという
限りあるspece、あ から始まるか
ら ありがとうが、出かけて、と か
らつまったままです。おやすみ、もさ
よなら、も書きかけておいたので 切
りかけがたくさん あるもので50音
順にして壁には貼り付けた 果実はや
わらかい円を消しては書き それが記
憶にとってなくてはならない から 
はっと する思い出した頃にはミント
による冴え方を やわらげるようにま
た からだのはんぶんにみたないすい
ぶんに 溺れ る。
。熟れない果実からかすめとったから
  と 種子を匂わせる それはなん
ねんごのなんがつなんにちのにっきな
のですか?  13×15、かすめとる
容積のきみから 乾燥したぶぶん そ
のわりあいをうば った スライスす
ると溢れるからフォークをからだのな
かに いれたまま 顔をあからめかけ
る。ひと口しか飲めないきみに 溺れ
て ぼくが顔をあからめる。うつしと
る発音の口の形を いくどとなく真似
たから かさなりあうぶぶんを 切断
しないで 靴下だけのおんなのこと 
ぼくのはだかを 見つめる 4,5畳の
部屋。



 


50音順にして壁には貼り付
けた果実はやわらかい円を
消しては書き それが記憶
になり はっと
思い出した頃にはミント
による冴え方を やわらげ
るようにまた からだのは
んぶんにみたないすいぶん
に 溺れ る。







果汁pecentage


隙を残して、出力しかけ
た部屋をぶち壊す。ぶつ
かりあう細胞のひとつひ
とつに、なりすまして 
身を投げた 核のように
ふたつはいらないから。
いっしょくたになる ふ
いに流れだしたトイレの
音に溺れる朝に近づいて
いく夜。
黒い葡萄は夜に、見えな
くなる窓から 朝にかけ
て 熟れただけを採取す
れば。と きみは切断面
を錯覚して、ぼくは夜の
終わりを悟る


(漏洩する映画
DVDの音声み
たいな 目の奥
の騒々しさと 
たいりつするお
んなのこの音声
、が聴こえる。) 




「手首を遠くにやらないで。」
「じゃあ わからない 
つなぎめをどうするの。」


 きみと寝る右心室に 丸
めこまれたA4用紙 ひと
という限りあるspece、あ
 から始まるから ありが
とうが、出かけて、と か
らつまったままです。おや
すみ、もさよなら、も書き
かけておいたので 切りか
けがたくさん あるもので
50音順にして壁には貼り付
けた 果実はやわらかい円
を消しては書き それが覚
えていなくてはならない 
記憶だから
 はっと する思い出した頃
にはミントによる冴え方を 
やわらげるようにまた から
だのはんぶんにみたないすい
ぶんに 溺れ る。




。熟れない果実からかすめと
ったから  と 種子を匂わ
せる それはなんねんごのな
んがつなんにちのにっきなの
ですか?  13×15、かすめ
とるあいまいにしてくれない
容積のきみから 乾燥したぶ
ぶん そのわりあいをうば 
った わたしはおんなのこと
いうひとつの規範です。
そう呟いて フォークもナイ
フもからだのなかに いれた
まま 顔をあからめる。ひと
口しか飲めないきみが口に含
んだまま ぼくが
顔をあからめる。ぼくにその
だいぶぶんを見せ終えるとう
つし発音の口の形をいくどとなく
真似たから かさなりあうぶ
ぶんを 切断しないで 夜は
色素を次第に失っていく


肌色がつくれ
ないの ひと
りの肌も い
っしょくでは
ないから、」

            「じゃあ、暗が
りの朝にふた
りは 突如ひ
とりを失うね
。」


靴下だけのおんな
のこと ぼくのは
だかを 見つめる
4,5畳の部屋に 
接するキャンパ
ス ひかりを、描
きだしたくない顔
にある翳のことを、

SHOW 


       ぜんぶできあ
がっちゃいな
いから、ハサ
ミをあてた。
手で切っちゃ
いけないけれ
ど ばらばら
のハサミは手
首のおやゆび
のほうから 
とられた 脈
を)1 見出
して)3)5 
乱れた ばらば
らのげんふうけ
いを いっしょ
くたにするから
、2 2222
222
 



切断面が あ
いまいになる
から手で切っ
ちゃいけない
の片方だけの
刃の鋭利の鈍
さで みんな
の中指をおり
かえした す
ぷーんをうま
くつかえるよう
に ところど
ころから指先
を つくりお
えると、もう
すこしで無傷
を逃れる 触
れたろころど
ころが痣みた
い、それはき
みがぼくでな
いからだ!


わたしの目の
奥にぽっかり
と開いた穴を
見た。でき\
ない。ものご
ころが つい
たときにゆび
で あなを開
けた。ら、そ
れはだれのし
わざ?


 ね、ねえ だれか
 いるの?きりとっ
 て いいの?ここ
からどこを、わけ
あえばいいの。孤
独がやけに賑やか
でそれらの鼓動を
わけあう短いあい
だ (で、でき 
ない。言いかけて
 めくれた幕の 
あいだから微弱な
蝉が鳴き終えるま
え、見てたの?  


         はんぶんこ し
         よ かんつうし
たところが あ
まつぶみたいに 
ふるえてうまく
わらえないきみ
がいつか 右手
だけ 道に捨て
られた長靴を見
て はぐれたみ
たいだ って 
とりもどしてみ
せるから

(目を覚ましてい
ることが、かな
しくて 眠った
ふりをするぼく
たちがいっきに
いきつぎをする
八小節目から(

心霊写真をテレビで初めて見たとき、もう目なんて見えなくなればいいと思った。
そんなひとが看護師やってる。もしかしたら、これはあのときの罰なのかもしれない。